京都の不用品回収なら「不用品回収キンキ」。京都府サイトウ様のまるごと整理の事例紹介。

  1. HOME
  2.  > 引越し整理/遺品整理 事例紹介
  3.  > 京都府サイトウ様(まるごと整理)

まるごと整理サイトウ様

お客様インタビュー
サイトウ様とのツーショット写真
引越の不用品をまるごと整理したくて…
まるごと引越し整理を依頼されたきっかけ

今回京都で整理をさせていただいたお宅は、お客様自身が40年程住まれていた木造の一軒家でした。

何度かリフォームを繰り返し長い間お住いになられており愛着はあったと思いますが、 玄関が高い位置に有るため前面道路から玄関までは十数段の階段を登る必要がありました。 若い頃は何ともなかったのですが年齢を重ねるに従って毎回出かける度にきつい階段を上り下りしないといけないのが辛くなってきて困っていたとのことでした。

近所にある実家は道路からの段差もなく家に入れるので、そちらに引っ越すことに決めたとのことでした。

引越しの際には必要なものだけ持っていくつもりだったそうですが、 40年も住んでるとそれはたくさん物があり、やはり引越しは大変だったそうです。 その時に要る物は全て持って行ったつもりだったそうですが、 引越し先は近所にあるし、今回整理させていただいた家もいつまでに退去しないといけないという期限も無く、出入りも自由だったので、
「あれも、これも」としょっちゅう物を取りに来てしまっていたそうです。

でも、いつまでもそうしていてもキリがないので、今回、思い切って、残ってるものをすべて処分することに決めたとのことでした。

ご自宅の写真
回収前
不用品回収キンキを選んだ決め手は?
まるごと引越し整理を依頼されたきっかけ

どうすればいいか全く分からなかったので、システムエンジニアをしている息子にインターネットで調べてもらうように頼みました。 いろいろ調べていると、実際の回収作業は依頼の電話をした業者自身がするのではなく、下請け業者に丸投げしている場合が多いということなどがわかってきました。

息子になるべく親切そうな業者をいくつか探してもらい、その中に不用品回収キンキさんがありました。 キンキさんは、自社のスタッフでで分別・回収するとのことで、最初から最後まで責任もってやってくれそうな印象でした。

取り敢えず相談の電話をしてみたところ電話応対の感じも良く、こちらの面倒な質問にも一つ一つとても丁寧に答えていただきました。 また、たまたまその時に電話させていただいた方が見積もりに来ていただけるということだったので安心して見積もり依頼することができました。

さすが不用品回収のプロだと思いました
作業をご覧になっていかがでしたか?

スタッフの皆さん、役割を分けて、それぞれの持ち場で、てきぱきとときにはパワフルによ良く働くので、見ていて気持ちがよかったです。

高い位置の釘やコードなども抜いてくれたり、よく気が付いてくれますね。

「2tトラック満タン」というのが実際にはどれぐらいの量になるのかイメージができなかったのですが、見積もり通りに収まりやはりプロだなと思いました。

回収作業
すっきり整理していただきました
実は不用品の整理・回収が進むにつれてだんだんと物がなくなっていくと、途中はやはりすこし寂しくなりました。

柱の陰のデッドスペースに棚を作ったり、飼っている犬が自由に出入りできるように犬専用のドアを作ったり、暑いときにドアを開けっ放しにできるように目隠し用のつい立てを作ったりと自分たちで工夫して住んできたことが思い出されました。

追加で出た不用品の中には、日曜大工で棚などがすぐ作れるようにわざわざ取り寄せた木の板や、当時は最新式だった8ミリ撮影機や、 昔弾いていたギターとか思い出が詰まったものが結構出てきました。

でも、最後はすっきりして気持ちよくなりました。


思い出のギター
清掃作業
フリーダイアル:0120-983-636。スマホからはタップして下さい。 ページトップへジャンプ